【コラム】~働きやすい組織を目指してvol.2-パワハラを言わない社員たち

労働者の相談の中で、「職場のいじめ」がこの6年間トップ、しかも毎年記録更新していいます。
「平成29年度個別労働紛争解決制度の施行状況」厚生労働省 2018年6月27日
~総合労働相談は10年連続100万件超、内容は「いじめ・嫌がらせ」が6年連続トップ~
パワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為のことを指しています。
この職場のいじめは、上司と部下の関係だけでは無く、パート同士、女性同士などの同僚間での人間関係の優位性(経験年数、年齢)で起きるものです。
ところが、「うちにはパワハラなんてありませんよ」という経営者・人事部の方が意外と多いのです。
なぜ会社側にはなかなか同僚間で起きるパワーハラスメントの事実が伝わらないのでしょうか。
それは、パワーハラスメントを受けた被害者は、会社に言っても助けにならないと諦めているからです。
「どうせ助けてもらえない」
「もうこんな会社に1日も居たくないから、引き止められたら困る」
「相談したことがバレて、もっと陰湿なパワハラが起きるから」
このような事態になってから聞くのは「職場に相談できる人がいない」という声です。
彼女、彼らがこう思ってしまっているのは、頼れる立場のはずの上司が
この訴えに対して、どのように扱っていいのかわからないこと。
特に女性の多い職場での管理職は、部下に対しての指導方法を学んでいないことが要因。
人は安心できない相手には本音を話せませんし、上司だからと言って必ず相談できる訳ではないのです。
うちは何かあればすぐに相談できるような体制を取っているんだけど、誰も相談に来ない。だからうちはパワハラなんてないんですよ」という場合は、本当にパワーハラスメントがおきていないのでしょうか?
信頼関係とは、1日でできるものではなく、日々積みあがってできるもの。
日ごろから社員やパートさん達と挨拶を交わし、日々の些細な変化に気づける関係を築くことが信頼関係の第一歩です。
 
信頼関係が築けると、「実は・・・」という本音が聴けて、会社が把握しにくいパワーハラスメントを軽減することにつながっていきますよ。
それは、離職防止や働きやすい環境づくりにも繋がって来ます。
弊社では、パワーハラスメントするリスクをあぶり出す適性検査を導入した研修で北陸(石川・富山・福井)を中心に働きやすい組織づくりを支援しています。
管理職やリーダーへのパワハラ防止研修を通して働きやすい組織づくり、ダイバーシティの推進、若手の定着など、ご相談ください。
お問い合わせはコチラからどうぞ。
 
株式会社シェヘラザード 邑本なおみ

【コラム】~働きやすい組織を目指してvol.1-親父ギャグとパワハラ

男性の40代を超えると段々と出てくるダジャレ。いわゆる親父ギャグと言われるもので、部下を失笑させたり、家族からは無視されても凝りもせずダジャレを連発する姿がなんとも人間味が感じられて愛おしくも思えます。

 

この親父ギャグは、連想記憶の達人である中高年男性の脳の特徴だというのです。歳を重ねる度に社会的経験が増え、側頭葉に様々な言語が蓄積され、そして新たにインプットされた言葉(例えば「電話」)と似ているものを側頭葉の1000億もの神経細胞から探し出し、瞬時に親父ギャグ「電話に誰もでんわ」が生まれるのです。意外と脳内では凄い働きを行ってできる親父ギャグですが、出てくるものは、長年自分の経験で積み上げられた言語集というわけですね。

 

だとすると、もし、長年「部下は仕事が遅い」「今の若いモンは…」という言葉が蓄積されていたとしたら、何かの拍子に「だからお前はダメなんだよ」という言葉が飛び出しかねません。これがいわゆるパワハラの一要因になっているのではないでしょうか。

 

パワハラが明るみになった時の言い訳として「指導の範囲内」というのをよく耳にします。これは加害者が長年蓄積してきた言葉を無意識に放出しているだけだから、本人に悪気はなく、自覚がないのです。

 

側頭葉で思い浮かんだ言葉は、本来は前頭葉で制御して「言わない」ことも選択できるのですが、前頭葉の老化で制御しきれなくなっているために、思いついたことを12歳の少年並みに言わずにはいられません。つまり、脳のブレーキが効かない状態でパワハラが起きているという事になります。

 

前頭葉が委縮し始める中高年の男性は、脳科学的に言ってもこの悪気のないパワハラと親父ギャグを次々に繰り出してしまう傾向にあるのでご注意ください。

 

弊社では、パワーハラスメントするリスクをあぶり出す適性検査を導入した研修で北陸(石川・富山・福井)を中心に働きやすい組織づくりを支援しています。

 

管理職やリーダーへのパワハラ防止研修を通して働きやすい組織づくり、ダイバーシティの推進、若手の定着など、ご相談ください。

 

お問い合わせはコチラからどうぞ。

 

株式会社シェヘラザード 邑本なおみ

【メディア掲載】弊社の人材育成研修の様子が日本経済新聞に掲載されました

埼玉県少子政策課が主催する、新任保育士さんが長く働けるためのセミナーを熊谷市・大宮市・川越市・越谷市の4会場で講師をさせていただきました。

200名以上の埼玉県の保育士さんがご受講いただき「保護者・同僚との円滑なコミュニケーション」を学び、互いの課題を共有したり、悩みを相談しあうワークショップでは未来の保育士の働き方を描く「未来新聞」をそれぞれに作成し、互いにサポートし合う関係を醸成。若手の就業継続の研修ご相談も、お気軽にどうぞ。

日本経済新聞のリンクこちら https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26145720V20C18A1L72000/

【メディア掲載】金澤2月号「注目すべきこの人、この仕事」特集に弊社の人材育成の内容が掲載されました

コーチングやチームマネジメント等の研修を中心に、教育機関や自治体をはじめ、医療介護の現場などの専門性の高い現場で、「意思疎通のコツをつかむ」ことによる、トップの意思が全員に伝わる、メンバーの力を引き出す、チーム力の向上のコミュニケーション・働き方改革に効果を発揮するとご紹介いただきました。

月刊『金澤』2018年2月号 ー『金澤』最新号ご紹介(発売日:2018年1月20日)チーム力を向上させたい!等のご相談もお気軽にどうぞ。 

【レポート】新任保育士向け就業継続支援セミナー 埼玉県熊谷市

初任から3年以内の若手保育士を対象とした就業継続支援セミナーで、主催は埼玉県福祉部少子政策課。保育士のスキルアップを目的として、前年までの講演スタイルから、ワークショップの形式で同じ学びの仲間との意見交換で個々の保育園でのスキルを共有し、起用看的な場をつくることへ変えたいと、主催者から依頼を受けての実施です。

ワークショップとしてはワールドカフェ・フューチャーセッションを取り入れ、仕事のやりがいや喜び、新任ならではの不安や問題を現状把握し、自分たちの未来の働き方ビジョンを描く内容。

埼玉県の事業では、女性ならではのリラックスした雰囲気づくりのために、毎回、会場でスイーツタイムが用意されています。「同じ釜の飯を食う」の女性版で「同じテーブルでケーキを食べる」ことで一体感を醸成しようという気遣いが嬉しい。

保育士は、それぞれの園で同期が少なく、ともするとママさん保育士とも会話が合わず孤立しがち。就業継続支援セミナーでは、そんな状況の受講者が同期のような関係になれるような仕組みを作ることで、結婚や出産の悩みやカリキュラムの行き詰まり、先輩とのコミュニケーションを相談できる仲間づくりとすることも、地域ごとの開催の効果です。

 

女性の働き方改革へのコンサルティングご相談もお気軽にどうぞ

株式会社シェヘラザード

→すべての記事を表示